頚髄損傷C-6レベル

HOME | 頚髄損傷C-6レベル

頚髄損傷C-6レベル

以前頚髄損傷ケアリフォームを行った方から、このようなご相談をいただきました。
「私と同じレベルの14歳の女の子が学校の水泳の授業中にプールに飛び込み、水圧で頚髄損傷C-6 になりました。ご両親は、これからの住まいをどうしたらよいのか悩まれています。本人は生活動作全般(QOL)、全介護状態です。」
ご本人の身体状況を確認しながら福祉住環境を整えたところ、新しい住まいでは“全介護”から、ほとんどの生活動作を“自立一部介護”にまで改善することができました。
全介護でも諦めずに、ご本人とそのご家族が安心して暮らしていける住まいづくりを実現した新築事例です。
 

VR閲覧の基本操作
VR閲覧の基本操作